« 笑ってコラえて!吹奏楽の旅2013 8月21日予告 | トップページ | 鉄道伝説 581系・583系 2013.9.2 »

笑ってコラえて!吹奏楽の旅2013 8月21日 見た!

「笑ってコラえて!」
「吹奏楽の旅2013」放送を見た!

前半はダーツの旅とかパリ支局の話。
後半から吹奏楽の旅。

横浜創英高校が紹介される。
部員166人。すごいですね~。

指揮台のところに常光先生らしき人が見えるが、
部長君にマイクが向けられ、そっち中心に進む。

しばらくしてようやく常光先生登場。
もう76歳だそうだが、相変わらずお元気そう。
20ン年前とちっとも変らない印象だ。

ここで指導するようになってからもう22年だそうだ。
吹奏楽コンクールの全国大会にも何度も出ているから、力はかなりあるはずだ。

小澤征爾氏との若き頃のエピソードや演奏映像も紹介される。

中国に行った時の木管セクションの練習をリードしている場面を見て、大学オケの時の木管練の風景を思い出した。

常光先生は新日本フィルのオーボエ奏者としてずっと活躍されていて、大学オケに木管トレーナーとしてずっと来ていただいていた。

先生の指導は、技術的な面より、とにかく「歌う」ことを要求された。

素人の演奏はとにかく音は弱いし、表現はおとなしいので、
まずそこから鍛えるのだ。

練習の時は情熱的に、大きな声で、
「もっと、力強く、もっと~!!」と怒鳴りながらとにかく吹かせる。

そうやって何度か繰り返しているうちに、全体の音が力強く変わっていった。

「指揮台では鬼になる」と紹介されて、合奏風景が出る。
でも、先生は音楽に対して厳しいのであって、昔の練習とだぶらせて見ていると、熱心にやっているけど「怖い」といった印象ではないがなあ・・・

先生はどちらかというと、テクニック的な面を追及するというよりは、まず大事なのは歌心だ、というタイプに思えた。
だから先生に指導してもらうと、骨太で力強い演奏になった気がする。

受け答えも変わらずお茶目だ。
そして、大切なのは「愛だ!」と断言される。
非常に人間味のある方なので生徒達にも慕われているようだ。

大学の時は、我々学生と夜通し一緒に飲んで下さったりもする気さくな方であった。

高校生とは一体どんな会話をするのだろう。
年齢的には、完全におじいちゃんと孫ですね、(失礼)。。

先生の益々のご活躍を祈念します。



<<よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

|

« 笑ってコラえて!吹奏楽の旅2013 8月21日予告 | トップページ | 鉄道伝説 581系・583系 2013.9.2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 笑ってコラえて!吹奏楽の旅2013 8月21日 見た!:

« 笑ってコラえて!吹奏楽の旅2013 8月21日予告 | トップページ | 鉄道伝説 581系・583系 2013.9.2 »