« 2008年5月 | トップページ | 2010年8月 »

題名のない音楽会 振ってみまSHOW!③後 6/1

TV朝日 日曜午前9:00~9:30
「題名のない音楽会」

以前にもやった、
<振ってみまSHOW!あなたの夢かなえます>
第3弾(後編)。

高校の吹奏楽部で学生指揮者をやっているという彼登場。
ブラ4の4楽章を振る。ちょっと硬いがなかなか安定していてよい。
ちゃんとブラ4の音楽になっていた。
佐渡氏も「ほ~っ」という表情で見入っていましたね。
学指揮やってればこのくらいは振れるようになりますね。
こういう人って一杯いるんでしょうね。

大柴亨様という男性登場。どっからどう見てもルー大柴だが、
「ルーさんでしょ?」(佐渡氏)
「・・・いえ・・・大柴亨です」
本名で出るあたりがいい。新世界の4楽章冒頭を振る。
しかも掛け声入りだ(笑)。
でも小学校の頃から音楽鑑賞の授業が大好きだったそうだ。
音楽好きな人って多いんですね。

同じ高校生で、女の子が登場。ベト7の1楽章。
踊るような指揮だが、なんと明るい表情で楽しそうに振るのだろう。
心洗われるようだった。

75歳の男性登場。大学オケをやっていた、と古い写真が出る。
同志社大学交響楽団と看板に書いてある。名門ですね。。
こういう世代で学生時代からオケをやっていたなんてハイカラです。
田園の5楽章を振る。最初緊張からか手が少し震えていたが、曲が始まると、これまたとてもいい表情でとても楽しそう。なかなか堂々としている。
しわしわ(失礼)のお顔だが実に味があって楽しそうな表情。
きっとこれまでの長い人生、楽しいことやそうでないことも沢山通り越しての境地なんだろうな、と思わせられる。

最後、46歳、航空宇宙開発機構(?)の人。チャイ4の1楽章。
この人もアマチュアオケでずっとやっているとのこと。奥さん・娘さんと3人でバイオリンを弾いているビデオが出る。よっぽど好きなんでしょうね。
この人もなかなか安定した指揮。

審査の途中、ということで秋川様が歌う。歌は「旅立ちの日に」。
千の風の2匹目か?

グランプリは、75歳のおじいちゃん。
宮本文昭をもってして、「こういう風に歳を取りたい」と言わしめた。

そして受賞の挨拶をした時に、
「音楽とは音を楽しむことです。皆さん、ぜひ音を楽しんで下さい!」
とメッセージまで送っていた。

最後は全員でカルメン前奏曲を指揮する。凄いことになっている。

自分はここのところこれといった活動はせず、こうやってイチャモンばかり付けているが、こういう人達は上手いとか上手くないとかはともかく、何しろ、こうやって出てくるだけでもすごい行動力だと思う。尊敬します。

 
<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2010年8月 »