« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

坂崎幸之助 一夜限りの音楽ライブ2

坂崎幸之助 一夜限りの音楽ライブ2

今夜、NHK総合のプレミアム10でやるようです。前回の続編?

今回のはメンバー的には自分のツボとちょっと違うんですよね。

見るべしかどうするか。。。

最近ちょっとパワーダウン気味でテレビを精力的に見る気が失せ気味。。ストレスか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NHK 冬、夢の景色 2/11

2月11日(月)NHK総合 19:30~20:45

1チャンネルの特番「冬、夢の景色」
副題は、「冬から春の名曲とお笑い。美しい映像のステージ」。

自分は別にNHKの支持者でも信奉者でもないのだが、ついつい見てしまった。それなりに違和感なく見られてしまうところが怖いのだが、毎度ながらこの手の番組、結構突っ込みどころのある内容でもあった。

冒頭、司会というか語りというか、、、「案内役」とかいうのか。
萬田久子が綺麗なインテリアの洋館っぽいセットで語りかけるところから始まる。最初、夕食の支度をしながら遠目で見ていたら、安めぐみかと思った。PJの演出とかぶってます。。本当にそっくりだった。
こんなんでいいのかNHK!

歌が主役というよりは、冬とか景色、とかをキーワードにしており、地方の雪景色などが多く映る。

なぜか天童よしみが「いい日旅立ち」でトップバッター。

この人は言っては何だが、体のパーツのバランスが普通の人と違っていて、長身・細身・小顔の氷川きよしなんかと並んで立った日にゃあ、見ているこちらの遠近感がめちゃくちゃになってしまう妙さだ(氷川くんは今回は出ていません。誤解のないように)。身体的特徴についてこれ以上いうと問題になるのでこれくらいにしておくが、紅白とかで小柄なこの人が派手なドレス着てたりするのも、見る度に、ディズニーランドの「イッツ・ア・スモール・ワールド」のアトラクションに出てくる人形を連想する。

森昌子「越冬つばめ」。病気していたそうであるが、最近またよくテレビに出るようになった。長いブランクと、寄る年波には勝てないか、上手いには上手いのだが、全盛期ほどのインパクトはなく、時々声がひっくり返りそうな不安定さがあり、見ているこっちの方が心配になる。この人は、あれだけの歌唱力も実績もあった人なのだから、多少ブランクがあろうが何だろうが、びくびくせずにもっと思い切って歌いたいように歌ったらいいと思う。

途中で「コメディー」と称してコントが入る。要は寸劇。
この手の微妙なコントはNHKのバラエティーならではのお得意物だ。
中川家が登場する。野口五郎も出てくる。相変わらずこの人はコントが上手い。「私鉄沿線」では相変わらずのハイトーンを披露する。

柏原芳恵がちょっとだけ出てきて「ハロー・グッバイ」のさわりだけ歌う。
後から「春なのに」をちゃんと全曲歌ったので納得。この人は皇太子が一時ファンだったという人ですよね、コンサートに行って花渡したとかいうこともあったらしいです。。(言っていいのだろうか、こんなこと)

コントまで見て、この企画、昨年か一昨年も似たようなのがあったような気がする、と思い出す。その時も中川家が寸劇で出ていた。この時は、中村玉緒とCDを出したという理由もあったが、今回は何で出たのだろう。その時の実績を買われた?

八代亜紀は「愛の終着駅」と「舟唄」の2曲歌う。
いずれも「『演歌の女王』の名を欲しいままにした」(というキャッチフレーズで語られていた)頃のヒット曲である。この人も息の長い、独特の個性を持った人である。最近はあまり売ろう、という欲がなさそうに自然体に歌っている感じがよいのではないだろうか。

杉田二郎が「風」を歌う。この人、前はもっと普通に歌っていてよかったと思うのだが、ここ数年は、桑田佳祐のような歌い方をする中村雅俊に似た歌い方をするのがどうも気になる(こういう表現で分かってもらえるでしょうか、だって本当にそうなんですもの)。

千昌夫「北国の春」。この人も相変わらず。
やっぱり千昌夫は千昌夫、という感じだ。

ここまでつらつらと来ましたが、、、

オチがなくってすみません(笑)。

 
 
<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちりとてちん 2/7

【ちりとてちん】 2/7

結局朝ドラにはまってしまう自分(笑)。

病気を隠していた草若師匠(渡瀬恒彦)が喜代美(貫地谷しほり)と草々(青木崇高)の前でとうとう倒れてしまう。

弟子達それぞれ複雑な心中。草原兄さん(桂吉弥)が寄席の楽屋?で鏡を見て必死に笑顔を作る練習をしているのが何とも言えず悲しい。

桂吉弥さんは本物の落語家。本職の人が噛んだり師匠に注意されたりする役を演じるのは複雑でしょうね。本職の歌手がドラマとかに出てわざとヘタに歌うのと同じだ。

吉弥は「きちや」だ。どこかで「よしや」と聞いた気がしていて勘違いしていました。失敬。。

ここ何日かで、師匠が落語の常打ち小屋設立に向けてまた動きだす、という話になっている。

前の時は、入院中のおかみさんを放って走り回って、と小草若(茂山宗彦)は事あるごとに言う。でもこれはきっと、すれ違いがあって、師匠はおかみさんを放っておいて、ということではなくて、常打ち小屋設立はおかみさんの夢でもあった、ということなんじゃないかと思う。それで余命わずかなおかみさんのために師匠は走り回った、ということなのではないだろうか。もう少し後になって真相が分かるんじゃないでしょうか。

落語で伸び悩む喜代美に創作落語をするように師匠は命じる。
でも真意が分からなくて余計に悩む喜代美。

これもドラマ序盤から伏線が張られているが、喜代美が自分の過去の話とかをする時のおかしさに師匠はいつも笑わされている。

この表現のおかしさは喜代美は自覚していないが、天性の表現能力、ということになっているのだと思う。

古典落語をやっている時よりも、こういう話をしている時の方が師匠にウケるんだもの。師匠はそこに目を付けているんではないだろうか。早く喜代美に教えてやればいいのに、とも思う。

もう2月を過ぎ3月末まで残り少ないし、ドラマも終盤だ。

創作落語で喜代美が自分の表現を花開かせ、一皮むける、ということでドラマは結末を迎えるのだろうか。。
 
 
<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯島 諒君

大分以前、難波薫さん(fl)のことを載せたが、最近なぜかその記事のアクセスが多いと思ったら、飯島諒君の検索キーワードでひっかかっているようです。

飯島諒君というのは、1997年にNHK教育テレビの「趣味悠々」という番組で「フルート入門」というのをやっていたことがあり(講師は工藤重典氏)、そこの初級編コーナーに、番組と一緒にフルートを始めたという、当時小学生の諒君が毎週登場していたのです。この記事に諒君のことも書いているからです。

 → 難波薫 フルート・レボリューション(2007.4/20) 参照

諒君は、一昨年、仙台だかのフルートコンクールで高校生部門1位という輝かしい成績を残したというのをどこかで見つけました。まだ、というか、もう高校生か、という感じです。ご両親はともにフルート奏者であるということも判明しました。やはり出るべくして出ていたのだ、という感じですね。。。

このまま行けばもっとメジャーになって全国区で見られる日も遠くないんではないでしょうか。
 
 
<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちりとてちん

先週の放送で、喜代美と草々が小浜の喜代美の実家で「夫婦落語会」をやり、草々は「たちぎれ線香」という噺をやった。

ずっと忘れていたが、この「たちぎれ線香」、昔聞いたことがある。

もう20年近くも前になるが、J大時代、同じ学科に落研に入っていた女の子がいて、「来て~」と頼まれて寄席に一度行ったことがある。確かその時の大トリの演目が「たちぎれ線香」だった。

落語の何たるかも知らなかったし、場所も出た人の名前も忘れてしまった。細かい内容も覚えていないが、迫真に迫る話っぷりが印象にずっと残っていた。

後で、その学科の子に、最後の人すごかったね、と言うと、4年生の人らしかった。きっとエースだったのだろう。少なくとも素人の自分にそれだけのインパクトを与えることができたのだから。

自分もあまり詳しく知っている訳ではないが、落語というのは、イマジネーションの表現であり、聞き手もそのイマジネーション(想像)の世界に浸って遊ぶというのがポイントであるのだと思う。ただ単に面白おかしい話や仕草で笑わせることだけが落語ではないのである。

たちぎれ線香の話も、面白い、というよりはシリアスな人情話だったと思う。そして、そのオチに大きなインパクトを感じたのが今でも忘れられない。落語のオチというのは、想像の世界に浸っている聞き手に一瞬にして話の終わりを悟らせ、現実の世界に戻らせる役割を持っているように思う。このオチに向かって延々と想像の世界が構築され、最後にふっ、と
「あ、終わった」というのと、「な~るほど」と思わせられるかどうかがポイントなのだと思う。。。

<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »