« ウィーン・リング・アンサンブル ニューイヤー・コンサート 2 | トップページ | ちりとてちん »

ちりとてちん&都の風 1/22

【ちりとてちん】
「ちりとてちん」はなかなか面白いと思う。

始まる前の予告では、ヒロインが女流落語家を目指す話、ということで
少し突拍子のない、ヘンな話かと思ったが、なかなかどうしてである。

ヒロイン・喜代美(貫地谷しほり)がなかなか芸達者でよいのと、
草々(青木崇高)初めとする兄弟子や、喜代美の家族もそれぞれ味があってよい。

そして特筆すべきは、喜代美の母、糸子(和久井映見)の演技だ。
「さくら」の野口五郎に匹敵する「怪演」と言ってもよいと思う。

喜代美の父・正典(松重豊)もなかなか捨てがたい。
このお父ちゃんは劇中、あまり笑ったりすることがなく、いつも仏頂面をしてぶつぶつ文句を言う人なのだが、それが何とも言えずおかしい。

真面目な人間が一生懸命生きているところから生まれる滑稽さ。
それが落語の面白みだ、とは草若師匠(渡瀬恒彦)の言葉でもある。

五木ひろしのファンだという、お母ちゃん・糸子さん。
先週・今週と五木ひろしが、本人の役名で出ずっぱりだ。
何でこんなに出てくるの?どういう意図?

ひろしに夢中なお母ちゃんのことを苦々しく思っているお父ちゃんの、
五木ひろしに対する文句が秀逸だ。

「・・・あの柔和な笑顔にワシは騙されんぞ!なんぼ爽やかに白いスーツ着とってもあいつは絶対に腹黒い!」

個人的には「よくぞ言った」という勇気ある脚本です。
こう思っている人は少なからずいると思うが、重鎮の彼についてはきっと誰も言えなかったことを、劇中とは言え、堂々と言っている。
お話とは言え、こういうことが頭になければ絶対にセリフとして出てきませんよね。お~怖。

今日は、お父ちゃんとお母ちゃんの夫婦喧嘩を心配した五木ひろしが自ら、自分がお母さんのために一曲歌いましょう、なんて言う。
五「スケジュールは、、、調整しましょう」
喜「ほんまに大丈夫なんですか?」
五「五木ひろしに二言はありません!!!」
だ。凄すぎ。

【都の風】

いや~、久々に見たら、いきなり佳境の重要な場面でした。
あった、あった、こういう場面。

将来を約束したが、戦地に出征した後、戦死の公報まで届いてしまった智太郎さん(柳葉敏郎)が、復員して悠(加納みゆき)を訪ねて奈良の旅館まで訪ねて来てしまった。

しかし悠は既に雄一郎さん(村上弘明)と結婚してしまっていた後だった。

いや~、ヤバイ場面。

どうしていいか分からず、途方に暮れる悠。

雄一郎さんは自分の部屋に智太郎さんを通す。
そこで悠のスケッチブックを目にした智太郎さんは、全てを悟る。

雄一郎と智太郎。微妙な雰囲気の中、緊迫したやりとりが続く。

戦争も終わり、一時はグレていたが、新しい時代を迎えて前を向き始めた雄一郎に対し、過去にこだわる、前時代を象徴しているような智太郎さん。
この二人はとても対照的に描かれていましたね。。

お水取りに智太郎さんと行って来なさい、と雄一郎は悠に命じるが、それを聞いて黙って立ち去ろうとする智太郎。

悠に行くように促す雄一郎さん。

このまま彼を帰してしまっていいのか?
彼はどこかで生きている、お前がそう思いながら僕のそばにいるのはやりきれない!早く行け!

悠!お前が幸せなら、オレはそれでいい!

かっこよかったですね~、雄一郎さん。
村上弘明は、このドラマの出演で人気に火が付いたのだ。

これ、悠がそのまま柳葉、じゃなかった、智太郎さんの元に走っても仕方がない、とまで覚悟した言葉ですよね。それで、そわそわ縁側で待っていて、悠が戻って来たとき、待ってましたとばかりに駆け寄るんですね。

なかなか重たいですが、これ、名場面でしょう。

<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

|

« ウィーン・リング・アンサンブル ニューイヤー・コンサート 2 | トップページ | ちりとてちん »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/293634/10026497

この記事へのトラックバック一覧です: ちりとてちん&都の風 1/22:

« ウィーン・リング・アンサンブル ニューイヤー・コンサート 2 | トップページ | ちりとてちん »