« 「どんど晴れ」&「さくら」104 | トップページ | N響 ほっとコンサート2007もうすぐ »

「どんど晴れ」&「さくら」105-108

直った、直った、ココログ。やっと。
今週はこれを理由に休もうかと思ったが、、、
ちょうどいいところで復旧。

●「どんど晴れ」第105~108回 8/1~4放送●

取材が終わるまで遠野にいる、と言っていたが、そんなのあり?
期限のない出張だ。そんなのやってみたい。

普通1日とか2日とか決めて、その間にできることをやって帰るでしょう。
羽を伸ばしている夏美(比嘉愛未)。

夏美、不思議な少年・三郎と出会うの巻。

まぐりっと?のおっさんに連れられて来て、みんなで遊んでたりしたのが、翌日になると彼はいなくて、周りの人は誰それ?みたいな。

それってただの「夢だった」ってことじゃん?(笑)。

柾樹(内田朝陽)は夏美を迎えに来て、偶然父・政良(奥田瑛二)と再会する。

はじめ、型どおりの詫びを入れる政良。奥田瑛二のダメ男っぽいキャラが生きる。柾樹は許さない。

でも、政良は柾樹を捨てたのではなく、会いに行ったり引き取ろうとしたが大女将に許可してもらえなかった、という話を聞き、柾樹の心は氷解しますねえ。

9歳の頃の柾樹を政良が描いたという例の絵を見て涙します。
絵の上に涙がぽたっ、はお約束だが、ここで初めて本当に詫びる政良に、柾樹「父さん、、、」
「父さんと呼んでくれるのか?」

ここで大の男二人が抱き合うとさすがに気持ち悪いが、政良は柾樹の首根っこに手をやり、柾樹は父の膝に控えめに手を当て、二人で顔だけ少し近づけて涙する、という控えめの表現には納得。

ここのところ、比嘉さんの顔が生き生きとしている気がします。
ヒロインとしての存在感が増してる感じがする。
話の荒唐無稽さを吹き飛ばすだけのパワーを感じる。
女優としても成長して来たということでしょうかね。。。
 
 
●「さくら」第105~108回 8/1~4放送●

沼田家。三寺まいりに奉納する用の大ろうそく作り。
おじいちゃん(奥村公延)が倒れて大ピンチ。
でも健一さん(河西健司)には任せられない、と頑固な孫作さん。

今年は断ろう、というたねさん(佐々木すみ江)。
でも今年断る、ということは来年からその仕事はもうなくなるということらしい。営業と一緒だ。厳しい~。

ここで思わず筆子さん、健一さんにやらせて下さい、と頼み込む。
孫作「勝手にしろ!」。

筆子さん、しっかり「任せるからには口出しせん、と約束して下さい!」とクギを刺すが、それには孫作さん、「わかった!」と潔い返事。

健一さん、何とか一通り作り終える。
孫作さんの判定「・・・最低やな」に、がっくりするが、その後で、
「ぎりぎり合格点、いうことや・・・」とのウィットのある一言だ。
孫作さんが健一さんを認めた瞬間だ。

一度は安心した一同だったが、健一さんのチョンボでろうそくが割れてしまう。「ろうで塞げ!」という孫作さんの指示に一度は従うが、手を加えるとどんどん不恰好になるばかりや、という健一さん、翌朝奉納なのだが、もう一度作り直すことを決意する。

その決意を孫作さんに伝えにいく。
「手出しも口出しもいらん、でも、『気持ち』だけ貸してくれよ」
と健一さん。いいですねえ、こういうの。ものすごい気合で見事に作りきる健一さんだ。今度は孫作さん「ええ出来や!」。

ロバート(セイン・カミュ)は桂木(小澤征悦)の寮を酒ビン持って訪れ、サシで語りあう。緊迫の場面だ。

「れおなるど」は、ホテルの建設予定地が急に変わったことで存続できることが急遽決まります。
・・・どんど晴れ、じゃなかった。めでたし。
  

NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2003/03/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

|

« 「どんど晴れ」&「さくら」104 | トップページ | N響 ほっとコンサート2007もうすぐ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「どんど晴れ」&「さくら」105-108:

« 「どんど晴れ」&「さくら」104 | トップページ | N響 ほっとコンサート2007もうすぐ »