« 「どんど晴れ」&「さくら」85 | トップページ | 斉藤佑樹投手 日米大学野球 »

スタジオパーク 内田朝陽登場 

昨日のNHK「スタジオパークからこんにちは」。
ゲストに「どんど晴れ」柾樹役の内田朝陽が登場。
NHKの自局ドラマの宣伝企画だ。

この間書いたが、内田朝陽は昭和57年(1982年)生まれで、まだ25歳。
若いな~。ため息が出る。

ファックスが沢山来る。62歳の女性が夢中になってます、とか。。

実物を見ると、やっぱりカッコいい。背も高い。
顔は目が大きく精悍な感じである。
世間の女性を虜にしているということらしい。

最近いつの間にか、司会が有働アナから武内アナに変わっている。
こういう若いゲストが出た時のコメントが有働アナにも増してババくさくなっている。。。(笑)。

でもじっと目を見開いて相手の話を聞き、自分の言葉で話す姿はなかなか凛々しさを感じさせる。役の上での柾樹の優柔不断さは承知で演じている様子である。

彼の実家は洋食(フランス料理)の店だそうだ。お父上はホテルで働いていたこともあるそうで、何となく啓吾(大杉漣)の役柄とかぶるものがある。
そういう家に育ち、客商売に触れ、自分でも料理に凝ったりしたらしい。今回の役にも通じるものがある。

そして、実家の店には森昌子が常連客として来ていて、ご両親と親しかったそうだ。そんな人が馴染みの客として来るくらいだから、それなりのちゃんとした店だろうと思う。すごいことだ。ここで数年前、芸能界に入るかどうかという相談を森昌子にしたのが俳優になるきっかけだったという。
(少しして気がついたが、数年前の話らしいから、森昌子だけでなく、森○一と夫妻で常連だったのか?森○一の話題には当然触れない・・・)

料理が得意、ということで、マンゴープリンを実演して作って見せる。
う~む。確かにナイフ(包丁ではなく、ナイフですよ、ナイフ)の使い方が洋食系の料理人のそれだ。

役柄から離れてのトーク番組ではあったが、柾樹の天然(よく言えば素直)で一途なところとキャラクターがそのまんまだという印象も受けた。存在感も結構あるのでこれからいいんではないだろうか。。。

|

« 「どんど晴れ」&「さくら」85 | トップページ | 斉藤佑樹投手 日米大学野球 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スタジオパーク 内田朝陽登場 :

« 「どんど晴れ」&「さくら」85 | トップページ | 斉藤佑樹投手 日米大学野球 »