« 斉藤佑樹投手 日米大学野球 | トップページ | 題名のない音楽会 振ってみまSHOW! »

「どんど晴れ」&「さくら」86

●「どんど晴れ」第86回 7/10放送●

彩華(白石美帆)、入院しているという母親の見舞い。
入院しているというのはウソかと思ったがこれは本当だったようだ。

柾樹(内田朝陽)と夏美(比嘉愛未)。旅館に舞台を移して時折他愛なくいちゃついている。

浩司(蟹江一平)は相変わらず彩華にお熱を上げっぱなし。
新作料理を作り上げ、「彩華ちゃんに見て欲しいなあ~」。

夏美に、彩華さんのことずっと好きだったんですか?と聞かれ、
「ず~っと好きだったんだよ~~、えへへ」
でも彩華は柾樹のことがずっと好きだったんだよ、と聞かされ、一瞬動きが止まる夏美。

花鋏の手入れをしている彩華のところに柾樹が現れる。
こんな遅くまでよく頑張ってるね、と。

彩華は、あたしはあなた達の敵なのよ、あたしが女将修行に勝ったら夏美さんはここにいられなくなるのよ、これまであたしがどんな辛い思いをしてきたかあなたには分からないでしょう、ときつい口調で言われる。

確かにそうかもしれない。あっさり認める柾樹。
話してくれないか、これまでのこと。

彩華は柾樹に素直にすべてを打ち明ける。加賀美屋の混乱に乗じて浩司に近づいて女将の座を狙うことを画策していることまで話す。そして、あたしはあなたの敵なのよ、と繰り返す。

柾樹は、それでも彩華は昔の俺たちのマドンナの彩華のままだよ、と例の天然プレイ。彩華はその言葉に緊張の糸が切れたように柾樹に抱きつく。
そのまましばらくいる二人。

夏美と浩司、それぞれ、柾樹、彩華に会いに行こうとするが、抱き合っている二人を発見してしまう。二人とも何も言えずに引き下がる。
「おっと失礼、」と言わんばかりに。。。
 
 
●「さくら」第86回 7/10放送●

中学校では文化祭の準備、大介(江成正元)の2年C組は、さくらにちなんで「ハワイアン・フェスティバル」。一生懸命準備している。

ところが、教頭がC組の文化祭への参加を禁止しているという。
理由は、模擬試験の成績が悪かったから。

桂木(小澤征悦)は文化祭に向けて頑張っている生徒達を見捨てることができず、教頭(笹野高史)に歯向かう。そして、次の模試で平均点を5点上げることができたら文化祭の参加を認めて欲しい、と教頭と取引をする。

そして桂木は他の先生にも補習をしてくれるようお願いする。
あの沢田先生(野口五郎)にまで頭を下げて。

「受験の鬼に、(お願いします)」と褒めたつもりが、意に沿わない様子。
「救世主」「オーソリティ」などとヨイショされ、その気になる沢田先生。
どうなるでしょうかね。C組。
  

NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2003/03/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

|

« 斉藤佑樹投手 日米大学野球 | トップページ | 題名のない音楽会 振ってみまSHOW! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「どんど晴れ」&「さくら」86:

« 斉藤佑樹投手 日米大学野球 | トップページ | 題名のない音楽会 振ってみまSHOW! »