« 「どんど晴れ」&「さくら」65-66 | トップページ | 「どんど晴れ」&「さくら」68 »

「どんど晴れ」&「さくら」67

●「どんど晴れ」第67回 6/18放送●

組合費の紛失騒動。

彩華(白石美帆)が犯人と疑わわれたと訴えたことで、夏美(比嘉愛未)の立場はますます悪くなります。今の夏美は人望がないので、彩華と夏美どっちの言うことを信じるかというと、みんな彩華を信じているようです。

佳奈(川村ゆきえ)も夏美とは距離を置いているので、完全な四面楚歌状態。自分なら1週間ともたないでしょうね。。。

みんな彩華の闇の部分に気がつかず、信用している。
浩司(蟹江一平)などはその最たるもの。にやにやして、彩華ちゃ~ん、
なんて言ってメロメロになっています。彩華ちゃんはそんなことする子じゃねえ、俺が保証する!と豪語しています。

彩華は、「夏美さんのことを悪く言わないであげてくださいね」なんてしらじらしく言っています。

ところが、浩司、見てしまいます。

ロッカー室?で紛失したはずの「大森旅館(これって狙ってる名前?)」の封筒を手に取り、懐にしまう彩華の姿。

その顔は闇の顔。気づかれないように身を隠す浩司。
サスペンスドラマのような場面です。

これを見てショックを受ける浩司。新聞の週間予告では、彩華は母親の入院費用が必要で、、、と書いてあった。それで浩司は同情してしまうようです。まだ彩華はそうやって切り抜けようとするでしょうが、いかなる理由があろうと、こんな老舗旅館で、これは許されないでしょう。

大体、あれだけの騒動になっているのに知らん顔をしていることと言い、
自分が疑われた、としくしく泣いて矛先をかわすカモフラージュをしたり、とかなりの確信犯です。ただものではありません。

彩華に制裁はきちんと用意されているのだろうか。ただ旅館を去る、とかになりそう。そしてワリを喰った夏美はみんなからきちんと謝罪されないんだろうな、という気がします。納得感がない結果になりそうですが、でも、この不条理さ加減も、修行ヒロイン物の王道パターンではある。。。
 
 
 

●「さくら」第67回 6/18放送●

夜の校舎の幽霊騒動。さくら(高野志穂)と桂木(小澤征悦)が夜回りをしていると、沢田先生(野口五郎)もなぜか見回りをしている。

沢田先生は至って冷静。女の笑い声がする校長室に入ります。

そこにいたのは、花園先生(鍵本景子)と守口先生(見栄晴)。
夏休みの間に仲良くなった二人は、狭い町で人目に付かない場所を探していて、結局学校になったという訳です。

校長室で教頭(笹野高史)と沢田先生に説教される二人。
そういう話だったか。

森公美子は関係なかったようでした。不覚。

この後、学校に現れて、さくらの前で沢田先生と遭遇し、二人が元夫婦であることが判明します。この二人がなぜ夫婦だったのかがよく分かりませんが、、、

最後のカットの、さくらの「目が点(実際はまん丸)」の顔がおかしい。
 

  

NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2003/03/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

|

« 「どんど晴れ」&「さくら」65-66 | トップページ | 「どんど晴れ」&「さくら」68 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「どんど晴れ」&「さくら」67:

« 「どんど晴れ」&「さくら」65-66 | トップページ | 「どんど晴れ」&「さくら」68 »