« ショルティ 展覧会の絵 | トップページ | 「どんど晴れ」&「さくら」39 »

「どんど晴れ」&「さくら」38

●「どんど晴れ」第38回●5/15放送分

下宿のイーハトーブで仲間からさんさ踊りのことを聞いた夏美(比嘉愛未)。愛子(とよた真帆)の息子・翼(川口祥平)を連れて行こうと考えつく。何故か最近の朝ドラは「下宿」「外国人」というキーワードが続く。折しも現在、「さくら」の再放送もやっていて、似たようなシチュエーションだらけだ・・・。

母屋の加賀美一族。もう寝る、と大女将(草笛光子)が部屋に戻った後の女将・環(宮本信子)。

「母屋に戻ってからもお義母さんと一緒じゃ、気の休まる間もないわ・・・、旅館では大女将に仕え、こっちでは嫁として姑に仕えるんじゃ・・・」 だいぶたまっていそうです。大変そうだなあ~。

伸一(東幹久)は、環に「一体(柾樹と伸一)どっちの味方なんだ!」と詰め寄ります。

「伸一に継いでもらいたいけど、大女将に逆らう訳にはいかない・・・」

「一体どっちなんだよ!」

と怒って途中でずっこけながら部屋を飛び出す伸一。やってくれます、東幹久。

苦悩する環。

朝食中から仕事の電話をしている愛子。前日、翼を馬に乗せてもらったことをこの時点ではまだ喜んでいる。翼を祭りに連れて行っていいか申し出る夏美に、講演会が終わったら自分が連れて行く、という愛子。

「翼、お母さんと行こうか?」
「えっ・・・」
「何、お母さんと行きたくない?」
「・・・そんなことないけど・・・」

翼は厳しそうな母親を敬遠しているような、本当は甘えたいような、微妙な心情のようである。

時江(あき竹城)は、「勝手にお客様のお子様を馬に乗せるなんて、、万が一のことがあったら、なじょするの?」と怒る。

「これからは、行動に起こす前に必ず私に相談するように。いいですね。ぅえっ!?」

この最後の威嚇のような声、昨日のスタパ(スタジオパーク)で言っていたが、お気に入りらしい。

玄関で母の帰りを待つ翼。急な取材の仕事が入り、遅くなると連絡がある。うなだれる翼。心配する夏美。

「いいんです。よくあるんです、こういうことも。仕方ないですよね、仕事なんだから。」と自分を納得させる翼。何かかわいそうだ。

これを見て自分が翼を祭りに連れて行こうと考え付き、時江に許可を求める夏美。でも時江、

「だめです!だめなものはだめです!・・・ぅえっ!?」多用します。

なぜ時江がダメと言うのか、理由をよく分かっていない夏美。企業のリスク管理みたいなもんですね。

でも夏美、勝手に翼を連れ出しそう。そしてトラブルが起こる。王道パターンを行きつつある。

しかし、今朝の○○新聞の番組欄に、「森昌子、どんど晴れの母親役好演(同様2通)」という投書があった。好演か・・・人によって見方は様々だと思う。。。

 

●「さくら」第38回●5/15放送分

娘の結婚資金に手を付け、借金までした上に、怪しげな男と相場の相談をしているらしい、という竹下教頭(笹野高史)。心配して桂木(小澤征悦)は校長(江守徹)に相談する。校長室で話す3人。

「先物買いってことですか?昔からよくあるんですよ。追証(おいしょう)、追加の証拠金を入れないと、、、云々」と元証券マンの知識が活躍する。

「確かにやっていました。。。しかし、もうやめました」という教頭。

それ以上何も言えない校長と桂木。

一方、教室では生徒の一人の財布が無くなった、と騒ぎに。

鉄道模型を買う用の大金を持ってきていたのを盗まれた、と言う。

桂木は、「そんな大金持ってくるお前も悪い」と言いながら、模型を買うお金を立て替えてやる。

「犯人」をどうやって捜し出すか、他の先生はあれこれ画策する。生徒の誰かが「犯人」であると決め付けているかのような物言いに怒る桂木。

桂木は桂木なりの考え方で解決しようとしている。

今日は「起承転結」の「承」あたりか。これでおしまい。

 

NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2003/03/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

|

« ショルティ 展覧会の絵 | トップページ | 「どんど晴れ」&「さくら」39 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「どんど晴れ」&「さくら」38:

« ショルティ 展覧会の絵 | トップページ | 「どんど晴れ」&「さくら」39 »