« 「どんど晴れ」&「さくら」44 | トップページ | 「どんど晴れ」&「さくら」46 »

「どんど晴れ」&「さくら」45

●「どんど晴れ」第45回●5/23放送分

家に帰ってこない夏美(比嘉愛未)を心配して、柾樹の部屋に様子を見に来た弟・智也(神木隆之介)。自分の家なんだから戻ってくればいいのに、父(大杉漣)も本当は心配してる、と言い、一緒に夏美をつれて帰る。

家に戻った夏美を見て、喜ぶ母・房子(森昌子)。喜ぶ職人の保(与座嘉秋)。啓吾はハッとして夏美を見ます。本当は心配で、夏美が戻ってきたことに嬉しくてしょうがないはずですが、いざ面と向かうと、

「どうして戻ってきたんだ?・・・2度も修行を投げ出した娘を迎え入れるつもりはない。この家を実家だと、もう思うな!」と追い返してしまいます。2度とは、実家におけるパティシエ修行と今回の女将修行のことです。店員のお姉さんがどうしていいか分からず、ただ固まってます。

父親としては受け入れたいが、自分も職人である立場上、その職人魂が「修行を途中で投げ出す」という行為を許せなかったのでしょうか。

ショックで家を飛び出す夏美。

柾樹は実家の浩司(蟹江一平)に電話して様子を聞く。浩司は純粋に旅館で働く職人の立場から、今回の騒動に参っている。みんなにも迷惑かけてすまなかった、と柾樹はまた簡単に謝ります。

智也は、冷たい態度を取った啓吾を責めます。でも啓吾は聞く耳を持たない。それどころか、「智也、夏休みなのにどうして毎日うちにいるんだ?」といきなり振られます。前の試合に自分のせいで負けたため、迷惑をかけるくらいなら、とサッカー部を辞めたことが分かってしまいます。

「ほ~お、お前も逃げ出したってワケか・・・姉弟揃って、、そんな甘い考えじゃ、何をやってもうまくいかないだろうけど、、、」と随分な言い方。

自分が成功した人の陥りやすい危険な点がここにある。

自分は努力したから成功した、逃げ出すヤツや失敗するヤツは努力・忍耐が足りない、という論理。

成功した人は、自分の努力ももちろんあるけど、それだけではなく、見える形・見えない形で色々な人の縁や運に支えられて、有り難いことにたまたまうまくいったに過ぎないことを見落としがちだ。どんなに努力してもなかなかうまくいかないことは本当にあるのだ。

仕事から帰った柾樹、盛岡に行こうと思ってるんだ、と言う。心配する夏美に、俺がちゃんと話をつけてくるから、と余裕です。柾樹はおばあちゃん子で、大女将(草笛光子)には顔が利くから何とでもなると思っているのでしょうか。

夏美は家に行ったが追い返されたことを告げる。柾樹は「気にすんな、お父さんも時間が経てばきっと分かってくれるよ」とまた楽観視。そして、

「今日の夕飯何?お、ビーフシチューじゃん!うまそー!俺、大盛りね」とはしゃいでいます。

夏美が女将修行をやめた以上、柾樹も旅館を継ぐことは止める、と言いに行くのではないか、と気づき心配する夏美。柾樹は何事もないように、そして、ビーフシチューを食べながら、こういう星型ニンジンだったら子供の頃もニンジン食べられたのにな、などと言っている。

「いいよな、こんな生活も。仕事が終わったら、毎日夏美が迎え入れてくれて、こんなおいしいモノ作ってくれてさ、、、平凡かも知れないけど、俺こういうのに一番あこがれてたんだよ。」だそうです。

夏美は専業主婦で家にいる前提の、一昔前の男の発想だ。ライフスタイルが多様化している昨今、問題発言じゃないの・・・?

夏美が作ったのが王道の「肉じゃが」でなかったところが唯一の救いか(笑)。

そこにピンポン、誰か来る。元カノか?と思ったら、智也でした。「オレもあのうち、出てきた」とのこと。どうなってんの?あまり深刻になって見ることもないかな。。。どんど晴れ。
 

●「さくら」第45回●5/23放送分

ぎっくり腰の功(小林亜星)にごはんを食べさせたり世話を焼くさくら(高野志穂)。はま(中村メイコ)は家の中が明るくて、と嬉しそうです。功も実は嬉しそう。

沼田家では、もも(板倉香)がパンの朝食にしてもらってゴーイング・マイ・ウェイです。飛騨散策をして、夜は「れおなるど」に行くもも。夏子(鈴木砂羽)や常連のベン(ケント・デリカット)ら皆から、お姉さんじゃないの?と言われる。

東京校の補習をのぞくさくら。理事長・曙(内藤武敏)登場。この人は、桂木(小澤征悦)の父の大先輩らしく、桂木の父親代わりだと言う。何でさくらを高山に送ったのか、との問いに、答えをはぐらかします。実は個人的な事情があるのですが。

高山の学校。翌日の東京行きを前に忙しそうな沢田先生(野口五郎)。いきなりももが学校を見学に来る。

「あなたもしかして英語の先生ですか、ミスター・サワダ?オー・マイ・ガーッド!・・・」

「日本にいるんだから、日本語で話しましょう」

「(さくらが言ってたのと)同じだ。面白~い!」

「失敬な!」

「かわいい!」と、いきなりチューされて慌てる沢田先生。

すっかりももに気に入られて、「れおなるど」まで連れて来られた沢田先生。英語の先生なのに、英語が嫌いなの、と夏子に紹介します。

外人常連客に一瞬たじろぎますが、イボンヌ(マサボ・イザベル・ナオミ)にも「か~わいい!」と大人気。そのうち、酔っ払ってヘロヘロになり、怪しげな英語を連発します。

授業の後、功の腰の様子を見に行く桂木。保健体育の先生なので体には詳しいということになっている。すっかり調子が良くなり、ご機嫌の功。

はまは、「いい男だわねえ~」とすっかり桂木を気に入ってしまい、
さくらに、ロバートなんかと別れちゃって、桂木先生にすればあ?と大胆発言。後々の波紋の始まりです。

 

NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2003/03/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

|

« 「どんど晴れ」&「さくら」44 | トップページ | 「どんど晴れ」&「さくら」46 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「どんど晴れ」&「さくら」45:

» ラジオ生出演 [和倉温泉ゆけむりの宿美湾荘の日記]
先日、新潟交通さんの『くれよん旅日記』のラジオ番組に電話にて出演(ほんの1,2分)しました。当旅館の女将が新潟県出身と言う事もあって、ラジオ出演の話がきました。あいにく女将は当日都合悪く娘である私(将来的には旅館を継ぐ身)がピンチヒッターとして出演したと言うわけです。私は、東京営業所にて営業をしています。又、この番組は新潟放送なので新潟の皆さんに配信されています。電話とは言え、ラジオに出演など初めての経験で事前の準備も何をすればいいか戸惑い、本番で当館の料理の紹介の時は、思っていたことの半...... [続きを読む]

受信: 2007年5月29日 (火) 15時35分

« 「どんど晴れ」&「さくら」44 | トップページ | 「どんど晴れ」&「さくら」46 »