« 「どんど晴れ」&「さくら」41-42 | トップページ | ベルリン&ウィーン・フィル ホルン »

「どんど晴れ」&「さくら」43

●「どんど晴れ」第43回●5/21放送分

加賀美屋を飛び出し、横浜に戻り呆然と彷徨う夏美(比嘉愛未)。

板場では、夏美を捜しに抜け出していた佳奈(川村ゆきえ)が怒られている。板長(草見潤平)、先週からアクの強さが際立っています。佳奈の他に、清美(中村優子)は、以前子供が熱を出した時に助けて以来、夏美に好意的です。他の人もこうやって味方にしておけばまた違ったのに。

柾樹(内田朝陽)の横浜の職場。元カノ・藤村香織(相沢紗世)がニューヨークから帰ってきた歓迎会に出かけるところ。夏美に電話する柾樹。何でドラマでは、こういう肝心な時に電話がつながらないのでしょうか。「さ、加賀美クン、出かけましょ」と香織。

上司・山室(中原丈雄)、友人の高林久美子(別府あゆみ)以外はその他大勢の人。こんなに従業員がいたの?

柾樹は職場ではえらく優秀ということらしい。どうも説得力がありません。

山室「藤村君と、、、加賀美!この二人はどこの課でも引く手あまただったな」と大声で言う。無神経な上司だ。他の人の立場ないじゃん。

上司は香織に、今度の企画は加賀美君と一緒にやってほしい、と言うと、香織「加賀美クンとならどんな企画でもなんとかなると思います」とこれ見よがしな発言。

柾樹が旅館を継ぐことと、夏美という恋人がいることを聞かされると、

「そう、そんな人、いたんだ、、、」と平静を装った反応。でもその後で、夏美と連絡を取ろうとしている柾樹に近寄り、

「その、夏美さんっていう彼女?・・・で、どんな人なの?夏美さんって?」

柾樹、にへら、とニヤけて、

「そうだなあ、、、明るくて、、、いつも前向きで、、、真っ青な空みたいな感じかな、、、」

「のろけちゃって!」

「えへへっ」

おめでたすぎます。何なんですか、この柾樹というキャラクター。

「でも、まだ結婚はしてないのよね、じゃ、あたしにもチャンスがあるってことか・・・」

と柾樹に未練大アリの香織。ピクッと反応する柾樹。この様子をじーっと見ている久美子。

大体、この二人、何で別れたんでしょうか。彼女が未練があるということは、柾樹がフッたのでしょうか?その割には妙に仲がいい。

ようやく裕二郎(吹越満)から夏美が盛岡を出て行ったことを知る柾樹。例によって歓迎会を途中でブッチ(恐らく)して、かっこつけた走り方で夏美を捜しに行きます。

夏美を見つけ、近寄ろうとすると、夏美は「来ないで!私、柾樹さんと一緒になれない、、、ごめんなさい」と自嘲気味に笑い泣きしながら柾樹から遠ざかろうとする夏美。

追いついて夏美に抱きつく柾樹。感動の名シーン!と言いたいところなんでしょうが、どうもいかん。

いちゃもんばかりで申し訳ないのですが、どうしても今回のドラマはしっくりときません。何が言いたいんだ?

何がいけないんでしょうか。誰か教えて下さい!!
 

●「さくら」第43回●5/21放送分

徳富老人(沼田曜一)から書道を習い始めたさくら(高野志穂)。恐ろしくへったくそな字もご愛嬌でしょうか。

レオ(ラモス瑠偉)やベン(ケント・デリカット)らも一緒に習っている。

「どんど晴れ」もそうですが、何で朝ドラはみんないつもこうしてヒマそうにタマっているのでしょうか。

それと、何で朝ドラは、こういう「変わった外人」がよく出てくるのだろうか。本当の外国人の方からすると、こういう描き方は「あたし達、こんなんじゃないわよ」的なところがないのでしょうか。

ふた昔くらい前、欧米人から見た日本人が、よく、「ねずみ色のスーツを着て、みんな眼鏡をかけて、首からカメラをぶら下げている」と描写されたのと同じようなものでしょうか。。。

書道にハマッたさくらは、沼田家でも、みんなに好きな言葉を書かせる。孫作(奥村公延)は「一本入魂」。さすがおじいちゃん。後の場面で出てくる、後ろ姿で座っている長澤まさみちゃんが妙に艶めかしい。大器の片鱗十分です。

あけぼの中学はいよいよ夏休み。だが夏期講習が早速始まる。桂木(小澤征悦)が引率に行く。さくらは、夏休みを利用して岐阜旅行を計画する。桂木の故郷である郡上八幡にも興味を示す。

確か、もっと後だったと思いますが、桂木のお母さん役で樫山文枝が出てくるんじゃなかったでしょうか。それも、縁談を迫られた桂木が、さくらを恋人に仕立ててカモフラージュする、という設定だったと思います。

ところが、東京の祖父・功(小林亜星)がぎっくり腰になってしまい、岐阜旅行は急遽取りやめで、さくらは東京に行くことになる。

ところで、先生役で出ている見栄晴、最近結婚報道されていたようです。なんてタイムリー。

 

NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2003/03/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

|

« 「どんど晴れ」&「さくら」41-42 | トップページ | ベルリン&ウィーン・フィル ホルン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「どんど晴れ」&「さくら」43:

« 「どんど晴れ」&「さくら」41-42 | トップページ | ベルリン&ウィーン・フィル ホルン »