« 「どんど晴れ」&「さくら」34 | トップページ | 「どんど晴れ」&「さくら」36 »

「どんど晴れ」&「さくら」35

更新が遅くなってしまいました。。。

●「どんど晴れ」第35回●5/11放送分

横浜に帰ろうとする啓吾(大杉漣)達。夏美が庭仕事しているのを心配そうに見ている。

伸一(東幹久)がまた時江(あき竹城)と組んで悪企みをする。横から出てきてこれ見よがしに

「あれえ、夏美さんまた今日も庭仕事ですか。。
あんな重労働を、、大変だってのに、
男でも、、、一人でかわいそうになあ、
あ、なあ、それより中の仕事に変えてあげたら?」

時江「わだすもそうしたいんですが、何分、大女将からのご指示で、、」

伸一「大女将直々かあ、、、」

これに喰いついてくる房子(森昌子)。
「大女将がどうして夏美にだけ?」

伸一「ちょっと私の口からは、それは・・・、じゃ私はこれで」

時江「言えないよねー、あれは・・・」(と立ち去る)

伸一の吹き込みで、大女将まで悪者にされてしまう。
たまらず大女将(草笛光子)に問いかける啓吾。

大女将は啓吾らと夏美を自分の部屋に呼び、話をする。

恵美子(雛形あきこ)からの報告を受け、しっかり陰で聞き耳を立てる女将(宮本信子)。「家政婦は見た!」みたいだ。。。

大女将は、啓吾と二人だけになり、夏美を初めて見た時、座敷童子に見間違えた話を打ち明ける。

夏美を座敷童子に見間違えなければ、柾樹(内田朝陽)に旅館を継いでくれとは言わなかった、夏美の女将修行に賭けている、と言う。

「この、加賀美屋の大女将が残りの人生をそれに賭けていると思っていただいても構いません」とまで言う。

啓吾「大女将にそこまで言っていただけるんだったら、、、ふつつかな娘ですが、何とぞ、よろしくご指導お願いします。」

庭仕事の謎は解決されないまま、納得してしまう啓吾。

大女将「確かに、お預かり致します。」

二人とも畳に頭をこすりつけるくらい深々と頭を下げる。感動的な音楽。なんだそりゃ、、、。こんなんでいいんでしょうか?「座敷童子」の幻にすべてを賭けるなんて・・・。

一方、庭仕事に戻った夏美に近寄る女将。

「夏美さん、ご両親とのやりとり、聞かせてもらいました(怖え~)。残念です・・・私が残念と言ったのは、夏美さん、あなたのことですよ。あなたには女将修行をする資格はないようね?」

・・・つづく。  どうなる??

●「さくら」第35回●5/11放送分

大介(江成正元)らの英語スピーチコンテストの指導を学校でもロバート(セイン・カミュ)に手伝わせては?とのさくらの提案に、反対の教頭(笹野高史)。矢富先生(岩崎ひろし)も「だめだよ!だめだめ!」。

でも校長(江守徹)の「いいですよ・・・別に問題ないでしょ」の一言に教頭、「え、はあ、まあ・・・」と手のひら返し。サラリーマンだなあ。。。

放課後、さくら(高野志穂)とロバートの指導を受けて一生懸命特訓をする大介と高松(崎本大海)。こっそりそれを見て心を動かされた?沢田先生(野口五郎)?

花園先生(鍵本景子)が差し入れよ、とお菓子を持ってくる。誰からは言えない、と言う。

「沢田先生だよ~」と桂木(小澤征悦)登場。
「言うなって口止めされてたの」
「なんで・・・?」
「それが日本の男なのよ・・・
でもさ、応援してるんだよ、お前らを、なっ」

コンテスト前夜、眠れない大介。怖いんや、出るの止めてもいい?とさくらに言う大介。

ガラッ。孫作(奥村公延)出てくる。
「何が怖いんやっ?負けることがか?それとも失敗することがかっ。」
と強い口調で言ったかと思うと一変して、にっこりして、

「いいながさ、恥かいたって。男はな、人前で恥かくことを怖がっとったらだちかん。そんなことやと男は育たん。」

スピーチコンテストで和ろうそくのことを話すことを聞き、うれしそうなおじいちゃん。

「聞かせてくれよ、おじいちゃんに。」
「英語分かるんか?」
「英語はわからんが、お前の気持ちはわかるでな・・・」

話し始める大介。感激の涙をこらえるようにじっと目を閉じて聞き入る孫作。泣けます。

コンテスト当日。大介は途中、つっかえながらも、気を取り直し堂々と話し切る。立派でした。

結局高松君は優勝、大介は特別賞を受賞。何とか沢田先生との義理を果たす。校長室で褒められる二人。

教頭「(大介のことを)いやしかし、期待なんかちっともしとらんかった生徒がやってくれるってのはことさら嬉しいもんですな・・・」いやなオヤジだ。。。

頑張った二人への沢田先生のそっけない態度に怒るロバート。

桂木「あれで精一杯の表現なんですよ」
さくら「日本の男だから?」
桂木「ま、そうかな・・・」
ロバート「でも、伝わらなければ意味がないでしょ」
桂木「まあ、そこらへんが日本の男の限界かも」

でも、日本の英語教育のことや、沢田先生は彼なりのちゃんとした持論でやっていることなどを、あえて言わずに気づいて欲しかったのではないか、との校長の言葉で沢田先生の思いを知ったさくらは、これまで反抗したりしたことを詫びる。

沢田先生が慌てて隠したのは、高松と大介のコンテストで話している写真。実は沢田先生がこっそり来て撮っていたのだ。そして、、、

英語は発音がすべてとは思わない。コミュニケーションとして、正確に伝わることが重要、だからと言って発音がどうでもいいと思っているわけでもない。正確な英語を話したいと思っている生徒のことも気になっていた。でも自分にはそれは教えられない・・・。今回の(コンテスト)は高松にとっても大介にとってもいい経験になったと思う、と語る沢田先生。

ようやく沢田先生と気持ちが通じ合えた気がしたさくらであった。何か、いい回です。

 

NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2003/03/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】 人気blogランキングへ にほんブログ村 クラシックブログへ

|

« 「どんど晴れ」&「さくら」34 | トップページ | 「どんど晴れ」&「さくら」36 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「どんど晴れ」&「さくら」35:

« 「どんど晴れ」&「さくら」34 | トップページ | 「どんど晴れ」&「さくら」36 »