« 60・70年代歌謡曲 | トップページ | ロストロポービッチ氏死去 »

「ドンド晴れ」&「さくら」23

●「ドンド晴れ」第23回●

恵美子(雛形あきこ)の旅館の仕事が忙しくてかまってもらえず不満を募らせた息子の健太・勇太が学校から帰ってこない。恵美子は旅館の仕事を抜け出して息子達を捜しに出る。夏美(比嘉夏未)も捜しに出る。口では、旅館の仕事の方が大事と言う伸一(東幹久)もうろたえ、父親ぶりを露呈する。

買い物中の裕二郎(吹越満)が子供達を見つけ、イーハトーブに連れ帰り、食事をさせてくれる。この裕二郎という人、相当訳アリそうです。奥さんに逃げられたということになっていますが、一人娘を優しく育てていて、健太・勇太達にも優しく接します。ちょっと離れたところから世の中を見ている感じで達観したような人物です。この人はところどころ重要なキーパーソンになりそうです。

●「さくら」第23回●

みどり(熊谷真実)の夫・信也(斉藤洋介)がいる名古屋へ訪ねていくさくら(高野志穂)。一緒に住んでいる人達は家族と思っている、その人達のことは放っておけない、というさくらの気質はアメリカ的というよりも日本的です。ハワイの家族がアメリカナイズされた日系人一家とは言え、日本的な心を忘れていないことから来ているのでしょう。

佳奈子(長澤まさみ)の差し金であることを黙認していた筆子(浅田美代子)ですが、当の佳奈子に見透かされ、「このことは絶対に黙っとってよ」と言うと、佳奈子は手をすっと出して「口止め料」。サザエさんのカツオみたいです。この場面がやけに長い。まさみちゃんファンは必見です。

さくらに巻き込まれて迷惑顔の桂木(小澤征悦)。それでもさくらのことを心配して、後で携帯に電話しろよ、とか、信也のマンションの前でずっと待っていてくれたりします。桂木もなんだかんだ言って面倒見がよい人です。

今回のはこのくらいですかね・・・。

 

NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX NHK連続テレビ小説「さくら・総集編」DVD-BOX

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2003/03/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

-----
そういえば、前回の朝ドラ「芋たこなんきん」の総集編の放送(4回シリーズ)がBS2であるようです。この作品も結構面白かったと思います。

第1回 4/30(月)18:00-18:45
第2回 5/1  (火)18:00-18:45
第3回 5/2  (水)18:00-18:45
第4回 5/3  (木)18:00-18:45

芋たこは、田畑智子や小西美帆という歴代の朝ドラヒロインが揃って脇役で出演するというすごいキャストでした。

また、いしだあゆみが時折見せるはじけた演技が気になって仕方ありませんでした。

いしだあゆみも「青春家族」の主人公家族の母親役で出ていました。これは家族が主役の物語だったので、この人も主役みたいなものでした。また、3月までの再放送「君の名は」にも出ていて、芋たこを見ている時は不思議な感じがしました。
 

 

<<ランキング応援よろしくお願いします>>

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気blogランキングへ

にほんブログ村 クラシックブログへ

---------------------------------------------------

|

« 60・70年代歌謡曲 | トップページ | ロストロポービッチ氏死去 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ドンド晴れ」&「さくら」23:

» 長沢まさみ画像ナビ [長沢まさみ画像ナビ]
ドラマに、CMにと大活躍の長沢まさみちゃんの 《動画》《画像》を紹介するサイトです。応援よろしくね。 [続きを読む]

受信: 2007年4月28日 (土) 10時29分

» 芋たコナンきん レビュー [blauw?な毎日]
芋たコナンきん終わっちゃいましたね。皆さんもご存知、NHK朝の連続テレビ小説ですが、原作は、作家の田辺聖子さんで、話によると田辺さん自身の半生といろんなエッセイ集などが基になって出来たドラマだそうです。 [続きを読む]

受信: 2007年4月29日 (日) 20時17分

« 60・70年代歌謡曲 | トップページ | ロストロポービッチ氏死去 »