« 追悼・植木等さん死去 | トップページ | 高見映(のっぽさん) NHKにんげんドキュメントを見る »

高見映(のっぽさん) NHKにんげんドキュメント最終回に登場!

高見映(のっぽさん)がNHKにんげんドキュメントに出るそうだ。

(3/30、22時から総合)
この人も好きな人だ。

大体今の中年くらいまでの世代は、今や伝説となっている教育テレビの「できるかな」を見て育っている。昨年スタジオパークに出た時も、有働アナが興奮してはしゃいでいた。

昨年の「みんなのうた」で放映された「グラスホッパー物語」では自ら作詞、出演するという快挙です。
最初からあきらめないで挑戦することが大切だ、というメッセージの歌だそうです。これには参りました。

元々はダンサーで、フレッド・アステアを尊敬し、タップダンスの達人でもあり、以前何かで言っていたのは、昔ディズニー関係だかのショーの振り付けをする話があり、アメリカ人スタッフから、そんな無名の人間じゃダメと反対された時、のっぽさんは、相手のボスに自分のステップを踊って見せた。
それは高度な習熟を必要とし、見る方もそれを知っていないと分からない、というものだったそうで、相手のボスもそれが分かる人だったことから、一目見てのっぽさんに全て任せる、みたいな話になったということです。

そして、子供を「子供」と呼ばず、「小さい人」と呼び、対等な人間として尊敬して接するというのっぽさん。先の植木等さんもそうですが、こういう懐の深い、達観したような人には本当に魅力を感じます。
「できるかな」が終わってからはあまり見かけないと思っていたら、色々な活動をされていて、グラスホッパー物語に繫がっていったのだと思います。
きちんとした考えで自分のやるべきことをやり続けている人間というのは強い。じわじわと長い時間をかけてもやがて多くの人に認められていく。

余談ですが、ドリフターズの面々なんかも、かつては「ワースト」などと言われていたのに、2001年になって第52回NHK紅白歌合戦に出場したり、高木ブー氏は実は日本屈指のウクレレ奏者で遅咲きブレイクしたりと、愚直なまでに自分達のやるべきことを追及し続けたのが、ようやく最近になって認められたということだと思います。(ドリフについてはまた別の機会に詳しく述べたい)

30日の放送が楽しみです。

ランキングご協力お願いします

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気blogランキングへ

にほんブログ村 クラシックブログへ

|

« 追悼・植木等さん死去 | トップページ | 高見映(のっぽさん) NHKにんげんドキュメントを見る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高見映(のっぽさん) NHKにんげんドキュメント最終回に登場!:

« 追悼・植木等さん死去 | トップページ | 高見映(のっぽさん) NHKにんげんドキュメントを見る »