« 千の風になって 秋川雅史 VS 新垣勉! | トップページ | 八代亜紀 鰻谷(うなぎだに) »

私と小鳥と鈴と 新垣勉 金子みすヾ

先ほどの新垣勉で、「私と小鳥と鈴と」というのがあります。NHK「みんなのうた」でやってますね。金子みすヾ(1903~1930)の詩に歌が付けられたものです。

詩もよいし、メロディーもよいし、歌もよい、の三拍子揃って素晴らしい!という感じです。

金子みすヾのこの詩自体がしばらく前に取り上げられた時から興味を持っていましたが、この詩がこんな風に歌となるなんて!彼女の詩は、一見簡単そうに見えて実はものすごく奥が深いことを言っていますね。
-みんなちがって、みんないい。-なんて、「世界にひとつだけの花」の世界をもうずっと前に表現していたんですね。彼女自身は1930年(昭5)に26歳の若さで自ら命を絶ってしまったのは有名ですが、時代の先を行き過ぎていたのでしょうか。

-----------------------------------------

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集

わたしと小鳥とすずと―金子みすゞ童謡集

ランキングご協力お願いします

人気ブログランキング【ブログの殿堂】

人気blogランキングへ

にほんブログ村 クラシックブログへ

---------------------------------------------------

|

« 千の風になって 秋川雅史 VS 新垣勉! | トップページ | 八代亜紀 鰻谷(うなぎだに) »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私と小鳥と鈴と 新垣勉 金子みすヾ:

« 千の風になって 秋川雅史 VS 新垣勉! | トップページ | 八代亜紀 鰻谷(うなぎだに) »